AIで動画編集・加工・品質向上させる活用術

Soraとは?OpenAIの最強動画生成AIモデル?公開日?使い方?料金?徹底解説「動画事例」| AVCLabs

ChatGPTに続いて、OpenAI最新発表の動画生成用AIモデルSoraは、画期的な機能と驚異的な動画視聴体験で世界に激震を与えました。「Soraとは?機能特徴は?Soraが最強動画生成AIモデルって本当?強みはどこ?使い方は?無料?料金は?いろいろと知りたい!」とたくさんなご質問があります。

本記事は、以上のご質問にご回答しながら、動画生成AIモデルSoraの公開日、特徴、機能、料金、使い方、使う理由を徹底的に解説します。最後までお読みいただければSoraとはいったい何ものかを分かります。

Soraとは?OpenAIの最強動画生成AIモデル?使い方?料金?徹底解説

Soraとは?

Soraとは、OpenAI社最新発表の動画生成用AIモデルです。日本語の「空(そら)」からネームされた「Sora」は、利用者の想像力、創造力を空のように無限に伸ばす意を示しました。Soraの使い方がとても簡単です。文字(テキスト)をプロンプトするまたは画像、動画をアップロードするだけで、Sora AIモデルはご要望に応じて最大60秒の高品質なAI動画を生成ます。

Soraの特徴と強み

SoraのAIモデルで動画を生成することは、時間、空間、に制限されず誰でも想像力さえあれば動画を作れると意味されます。

言い換えれば、誰でもSoraを利用して0から100%の動画を作り上げます。動画を撮るための場所、出演者、お金、機材、動画編集の技術力など一切不要で、Soraにプロンプトをすれば、数秒後、1分の動画を生成できます。これはまさに画期的なAI技術です。

Prompt: “A stylish woman walks down a Tokyo street filled with warm glowing neon and animated city signage. she wears a black leather jacket, a long red dress, and black boots, and carries a black purse. she wears sunglasses and red lipstick. she walks confidently and casually. the street is damp and reflective, creating a mirror effect of the colorful lights. many pedestrians walk about.”

プロンプト:“スタイリッシュな女性が、暖かく光るネオンとアニメーションの街の看板で満たされた東京の通りを歩いている。彼女は黒い革のジャケット、赤いロングドレス、黒いブーツを着ており、黒い財布を持っている。サングラスと赤い口紅をつけている。彼女は自信を持って何気なく歩いている。通りは湿っていて反射し、色とりどりの光の鏡効果を作り出している。多くの歩行者が歩いている。”

現在公開している利用可能な動画生成AIモデルで作った動画は、ほとんどの再生時間が2~5秒ぐらいしかありません。それはもちろんずいぶんと驚きな高品質の動画だけれども、それぐらいの長さだけではさすがに短すぎます。それと違って、圧倒的な高性能AIモデルで、Soraは最大60秒のAI動画を生成できます。それだけあって最強なAI動画生成モデルと言えます。

Soraの料金と利用可能なプラットフォーム

残念ながら、Soraは一般人ユーザーにはまだ公開していません。あまりにも画期的な高性能AIモデルであるため、AIの悪用防止、安全性についての措置がとても大切なことです。ですから、Soraはまだテストする段階で、誘われたユーザーしか利用できません。Soraは無料版があるか、料金プランがいったいどうなるかはすべて未発表です。

☞Soraだけではなく!今公開中の利用可能な動画生成AIまとめ

Soraの一般公開はいつから?

現在、OpenAIのレッドチームは、Soraが重要領域での危険性やリスクを分析中です。また、クリエーターや専門家にとって最も役立つようにモデルを改善するため、OpenAIは多くのAIアーティスト、デザイナー、映画製作者と相談するようにしています。Soraの公開日まで、楽しみにしておきましょう。

動画生成AIモデルSoraの公開日はまだ決められていませんが、OpenAI Soraの公式サイトにアクセスして、最新の公開情報を確認できます。


Soraのできること

Soraは、主に以下のことができます。

  • ①Text-To-Video(テキストー動画生成)
  • ②Image-to-Video(画像ー動画生成)
  • ③Video-to-Video(動画ー動画生成)
  • ④現実世界のシミュレーション
  • ⑤動画の前後を拡張する
  • ⑥動画の編集
  • ⑦画像生成

Soraの使い方

Soraは動画生成AIモデルとして、もっとも重要なのはText-To-Video(テキストから動画を生成)、Image-to-Video(画像から動画を生成)、Video-to-Video(動画から動画を生成)についての使い方です。動画事例でSoraの使い方をかんたんに説明します。

Text-To-Video(テキストー動画生成)

Prompt: “A movie trailer featuring the adventures of the 30 year old space man wearing a red wool knitted motorcycle helmet, blue sky, salt desert, cinematic style, shot on 35mm film, vivid colors.”

プロンプト:“バイク用ヘルメットに赤色の羊毛のニット帽をかぶった30歳の宇宙飛行士の冒険を表現した映画予告編。青い空、塩の砂漠、映画のようなスタイル、35mmフィルムで撮影、鮮やかな色。”

Soraを利用して、簡単な言葉をプロンプトするだけで映画を生成できます。

Soraはカートゥーンスタイルの3Dアニメ動画も問題なく生成できます。

Image-to-Video(画像ー動画生成)

Soraは、画像と文字内容をプロンプトして動画を生成できます。つまり、画像、写真をアニメーション化することができます。

Video-to-Video(動画ー動画生成)

Soraは指定された二つの動画を融合して新の動画を生成します。指定動画を拡張することもできます。例えば、10秒ぐらいのショート動画は、Soraを利用して15秒かもっと長く(最大60秒)に拡張することができます。オリジナル動画の内容を理解した上、新しいシーンを自動生成してオリジナル動画を延長します。フレーム補間も可能です。

Soraで生成した動画は、動画のスムーズ感から、面白さ、もしくは長さまで、現在公開中の最先端の動画生成AIモデルのGenmo、RunWay Gen2より明らかに優れています。Genmo、RunWay Gen2で生成したスローモーションような生成動画と比べて、Soraは正常速度かつスムーズ動きのある動画を生成してくれます。しかも、何秒だけではなく、Soraは最大1分の高品質の動画を生成できるため、画面の表現から動画のクオリティまで圧勝です。

他、プロンプトして画面要素を入り替えることもできます。Soraを使って、動画の中の人の髪型を変えたり、洋服を別のスタイルに変更したりして新たな面白い動画を生成できます。


Soraの欠点と不足

Soraは完璧なAI動画生成モデルではありません。いくつかの欠点もあります。以下はOpenAIが公表しているSoraによって生成した動画の失敗例です。

欠点1カメラポジションの設置ミス
Prompt: “A bicycle race on ocean with different animals as athletes riding the bicycles with drone camera view”

プロンプト:“さまざまな動物がアスリートとして自転車に乗り、ドローンカメラの視点で海上で行われる自転車レース”

Sora AIモデルは魚、亀が自転車に乗っている動画を生成してくれました。面白い画面ですね!しかし、プロンプトの「ドローンカメラの視点」とはすこし外れています。もっと高い位置から見下ろすような俯瞰角度だったら素晴らしいです。

欠点2現実世界の物理を正確に理解していない

この例では、Soraは椅子を物理的オブジェクトに改造することができず、物理シミュレーションが間違っています。

欠点3空間、方向性への認知ミス

画面中の男が反対方向向けてランキングしている。現実世界ではあり得ない動きが出てきました。

欠点4複雑シーンでの認知ミス

5匹の犬が楽しく遊んでいるシーンを表現するはずだが、犬がどんどんと生じるからほぼホラーになりますね。Soraで生成した複雑構図のシチュエーションでは、動物や人が自発的に現れる可能性があります。


Soraを使う理由

動画生成用AIモデルSoraは、クリエイティブなコンテンツ制作やマーケティング、教育、エンターテイメントなどの様々な分野で活用されています。

広告やプロモーションビデオの制作においては、コストや時間を節約しながらも高品質な動画を作成できるため、企業やクリエイターからの需要が高まっています。

教育分野では、学習教材やオンラインコースの作成に役立ち、より効果的な学習体験を提供することができます。

エンターテイメント業界では、特殊効果やアニメーションの制作に活用され、映画やゲームのクオリティ向上に貢献しています。

Soraを活用できる人と分野

Soraは、効率的かつクオリティの高い動画コンテンツを制作したいと考えている方には特に向いています。AIモデルを利用することで、動画創作の効率を大幅に上回ります。

例えば

  • ①広告代理店
  • ②マーケティング部門
  • ③映像制作会社
  • ④クリエイター
  • ⑤教育機関
  • ⑥エンターテイメント業界のプロデューサー

などの方はSoraを活用できます。

Soraは動画の作り方を変える

Soraは動画生成用AIモデルとして、従来の手法と比べて制作プロセスを大きく変えます。

Soraを使用して、スクリプトやコンセプトから始まり、映像、音声、テキスト、グラフィックスの統合まで、自動化された流れにより迅速かつ効率的に作業が進行します。

また、Sora AIモデルは大量のデータから学習しているため、クリエイティブなアイデアや視覚的な表現においても多様性を持ち、新しい視点やスタイルを提供します。

動画の制作中、修正作業がほぼ不可避な問題です。高性能なAIは作業の反復を防ぎ、クオリティを一貫して維持します。

これにより、制作期間やコストが足りない状況においても、高品質な動画コンテンツを生み出すことが可能となります。

Soraの未来

Sora AIモデルの学習能力の向上により、映像や音声の生成がより自然でリアルに慣れると考えられます。現実世界の物理をもっと精確に理解した上モデル化することで、より複雑なストーリーや表現を含む動画コンテンツの制作もできるでしょう。

また、リアルタイムでの編集やインタラクティブな要素の追加など、Soraを利用してより柔軟で効率的な制作プロセスが実現されると予想されます。

いつかAIが人間の感情や好みをもっと理解し、より面白い動画コンテンツを生成する能力が向上すれば、動画の視聴体験を向上させ、視聴者とのエンゲージメントが深まる可能性もあります。

Soraをはじめとして、動画生成用AIモデルの未来は、さらなる進化と発展が期待されています。


まとめ

Soraを利用して、動画制作について何も知らない超素人でも、文字内容をプロンプトすれば、60秒のハイクオリティの動画を制作できます。革新的AI動画生成技術の凄さと恐さを感じませんか。

画期的なAI動画生成モデルSoraは、ベータ段階の動画だけでもずいぶんと世界中に激震を与えました。動画生成AIモデルの最先端を代表できるSoraは、これからどのように私たちの生活に変革を与えるでしょうか。待ち遠しいかもしれませんが、OpenAIによって開発された最強な動画生成AI Soraが一般人ユーザー向けの公開を楽しみにしましょう。

他の動画関連AIソフトおすすめ

AVCLabs Video Enhancer AI

  • 最高のAI搭載の動画加工ソフトウェア
  • TensorRT技術搭載、超速で動画の画質を良くする
  • 低解像度の動画を4K、8K解像度にアップスケール
  • 古いビデオをより良い品質に強化する
  • 自動的にビデオのノイズとぼかしを取り除く
  • 白黒動画の元の色を再現する
avclabs video enhancer aiアイコン

AVCLabs Video Enhancer AIは動画の画質を良くするためのAIソフトです。どんなに画質の低い動画でも、ワンクリックしてAIが自動的に画面の解像度をご希望の画質に拡大します。動画の画面をクロップ、フレームごとにカットする、などのかんたんな編集もできます。

解像度を拡大する他、フレーム補間でFPSを上げること、白黒動画をカラー化すること、顔の鮮明化、画面を明るく或いは暗く調整する、動画のスローモーション化、コントラストと彩度の調整、色修正、など、この一個のソフトですべてできます。

AVCLabs Video Enhancer AIをインストールして、手元の動画の画質を上げてみましょう。無料試用版ではすべての機能を利用できます。無料で最大3本の動画を出力できます。

もっと試したいなら、ぜひ、無料ライセンスを手に入れて思う存分にご利用ください。

AVCLabs無料ライセンスを手に入れる